そうだったのか!−通勤途中にふらりとたちよるブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【驚き】作家、又吉を育てた美人担当編集者!

<<   作成日時 : 2015/07/18 22:42  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ピースの又吉さんが、2015年の芥川賞を受賞したニュースはご存知かと思いますが、
なんと、この快挙は、その才能を見出し、5年間指導をして来た、
純文学誌「文学界」(文芸春秋)編集部の浅井茉莉子さん(31)の力が大きかったようです。


画像


浅井さんは、「火花」の原稿を貰い、呼んだ瞬間、「これが載ったら、雑誌は売り切れるな!」と直感したそうです。

又吉さんの本好きは有名で、太宰治を尊敬していますが、
東京に出てきたおり、太宰治の住んでいた町にアパートを借り、住んでいたそうです。

図書館に行って、太宰治ゆかりの地を色々探し、探索していた所、
何と、自分のアパートが、偶然にも、太宰治の住んでいた家の跡だったのだそうです。

2日前からどうしようかと思っていたのですが、
丁度その日がKoboの20%割引クーポンの最終日だったので、
これを機会に、早速「火花」を買いました。

が、その2分後に、「芥川賞受賞キャンペーン」と歌った30%割引クーポンが
無情にも送られてきました。

「-----」 ちょっとこのやるせなさ、、、

が、早速気を取り直して読んでみたところ、確かに面白い!

芸人が書いたと言う、話題で選んだようなことを言った
キャスターがいたそうですが、
きっと読んで無いんでしょうね、、、。

火花もそうですが、芥川龍之介の小説も
読んでいないのでは無いでしょうか?

私は高校生の時に、芥川龍之介全集を読んだのですが、
羅生門とか、くもの糸のイメージが大きいと思いますが、
他の作品は、大正のSFショートショート (星新一?)、、、と言う感じがしました。

なので、この「火花」が受賞しても、
なんらおかしなことは無いと感じます。

又吉さん、改めて、お目でとうございます!


報知新聞の美人編集者の紹介記事はこちらを参照ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【驚き】作家、又吉を育てた美人担当編集者! そうだったのか!−通勤途中にふらりとたちよるブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる